青い海を無重力体験!


\勝浦の海ってポイントとして魅力的/


千葉県沖の海は、南からの海流「黒潮」と北からの海流「親潮」が交わる場所であり、栄養分が豊富なため多種多様な生物が住んでいます。イサキやアジなどの群れものや、ブリやカンパチなどの回遊魚が見られるスポットがあったり、岩場でゆっくりウミウシや甲殻類などのマクロ生物たちを探したりと、房総半島・南房総のなかでも館山と並ぶほどの人気おすすめポイントです!

 

意外かもしれませんが千葉の海でもクマノミやチョウチョウウオなどのカラフルな熱帯魚が見られます。体験ダイビングやシュノーケルでも色とりどりの魚たちに出会うことができますよ。

また、沖のボートポイント(※ライセンス保持者のみ)へ行けば、起伏の富んだダイナミックな地形が多く、海中の景観も楽しめます。

ダイビングを楽しみたい方、海の生き物を間近で観察してみたい方は、ぜひ勝浦の海へ!


\ダイビングスポットのおすすめ/


おすすめスポット「イソムラ」

勝浦(鵜原)エリアでダイビングをするならば、イソムラがおすすめです。イソムラは最大深度が約30mとなっています。港からボートに乗って、約12分くらいで到着します。白い砂地に囲まれた大きな根となっているイソムラは、1ダイブではまわりきれないほどの広さとなっているのが特徴です。千葉県の青い海の美しさを引き立てている巨大なクレバスが複数あるのも、イソムラならではの魅力となっています。

 

イソムラは黒潮の影響を受けやすい沖のほうにあるため、大型回遊魚もたくさん集まりやすいエリアとなっています。特に、ブリやカンパチなどの魚が出現しやすく、時々大きなヒラマサが現れることもあります。イサキやタカベの大群なども見ることができ、間近で迫力ある魚の群れをじっくり眺められるのがイソムラの魅力です。

また、ネコザメやクロアナゴ、クエなどの大きな魚を見ることもあり、根の頂上と水底の水深差が15mもあるので迫力のある景色を楽しむことができるでしょう。

 

イソムラは中級上者以上のダイバーにおすすめ

イソムラは時に流れが速くなることがあります。勝浦のボートポイントはどこもそうですが、基本的にドリフトダイブはせずロープ潜降&ロープ浮上となるため、流れが速い時には流れに向かって頑張って泳がなければなりません。そのため、どちらかというとダイビング中級者や上級者の方に向いているスポットです。ダイビング経験が豊富な方は、イソムラの美しい海の魅力を味わいに行ってみてください。

流れがほとんど入ってこない弁天出しというボートポイントもありますので、ダイビング初心者さんはまずそちらから慣れていくと良いでしょう。

運が良ければ銀色に輝くワラサやカンパチが大群で泳いでいく姿を見られます。自分のすぐ近くで巨大な魚たちがグルグルと回っている光景は圧巻です。回遊魚たちの群れは数百匹規模になることも珍しくなく、何度見ても感動してしまうと喜ばれています。

熱帯魚が夏から秋に限定されるのに対し、回遊魚の群れは一年を通して見るチャンスがあることもポイントです。

高級魚として知られているカンパチやブリの異名であるワラサなどは春から初夏、またはた秋の終わりから冬にかけて見られるチャンスがあります。

また、1mを超える体長で見る者を圧倒させるヒラマサは秋から冬にかけて目撃でき、さらに千葉近くまで黒潮が寄っているときには見られる確率がさらに高まります。

勝浦は熱帯魚だけでなく、回遊魚を楽しめるポイントとしても注目を集めています。

勝浦の海底は長年海流に削られ、現在では独特な形をしています。それによる風景の変化もシュノーケルの際に楽しめるポイントです。

たとえば険しく切り立った崖、あるいは大きく広がった岩礁、はたまた人が通れるほどのトンネルなど、独特な地形が一帯に広がっています。

また砂地は白く、その美しさが良いアクセントになっています。

 

 

 

おすすめスポット「最大深度12mの新浜」

行川エリアでダイビングをするならば、新浜がおすすめです。最大深度が12mと浅く、体験ダイビングやライセンス取得講習をするポイントでもあるので、初心者さんでも安心して楽しむことができます。ポイントへは船外機という小さい船を利用し、港から出港してわずか1分で到着する近場にあります。準備をしているうちにポイントへ着いてしまうので、大きな船だと船酔いをしてしまうような、船が苦手なかたへおすすめです。

 

新浜で見ることができる生物

新浜で見ることができるのは、岩場に隠れるような小さい生物が中心になります。ハゼやカサゴ、ギンポの仲間や、ウミウシ、甲殻類の仲間も多いです。夏から秋にかけてはイソギンチャクエリアにクマノミやソラスズメダイの群れが現れたり、チョウチョウウオの仲間たちが現れたり。冬になればウミウシが増え、春になるとマクロ派ダイバーのアイドル:ダンゴウオが多く現れるのも新浜の特徴で、初心者さんはもちろん、ベテランさんでも唸る生物の豊富さです。水深が全体的に浅いので、時間を気にせずじっくり写真を撮りたいフォト派ダイバーにも人気のポイントです。

\いろいろな生きものに出会える/


▪Information


勝浦ダイビングリゾート

お申込みは、勝浦ダイビング協会に登録しているショップを通してご予約いただけます。お気軽にお問合せください。

勝浦ダイビング協会ホームページ >


住所:勝浦市鵜原1017-11


電話番号:0470-76-0854



カテゴリから探す