勝浦朝市の歴史

(朝市と漁港の賑わいの様子)

大正末時代の朝市風景


朝市が始まったのは、天正19年(1591年)です。卯の年に開かれたといわれ、当時の勝浦城主であった植村土佐守泰忠(うえむらとさのかみやすただ)が漁業と農業の奨励とともに、勝浦根古屋(町の中心となるところ)でのみ農水産物の交換と場として開設したものと伝えられています。当時は365日、いかなる天候でも朝市が開かれ、10日を区切りとして上本町・仲本町・下本町と場所を移動して開かれ、出店のために背負い籠・手車・大八車・馬車や牛車を使い、多くの品物を運んでいたようです。時代とともに勝浦はにわかに発展しはじめ、その様子は「勝浦三町江戸勝り」(三町とは、現在の上本町・仲本町・下本町)といわれたと言います。


戦前の朝市風景


昭和30年代中頃からの自動車交通量の増加に伴い、場所を仲本町通りだけとした時期もありましたが、昭和62年11月から1日~15日までを「下本町通り」、16日~月末までを「仲本町通り」と分けて開くことになりました。市内商店街の休日に合わせ、毎週水曜日と年始を休みとして現在に至り、今でも週末になると50店ほどの店が立ち並んでいます。


カテゴリから探す